便秘解消に良いレシピと幼児のトイレ習慣について

動物は口から食べた物を体内で消化し、
栄養分を取り入れて不要になったものを尿や便として排泄します。

このサイクルが整っていることが健康の大前提になります。
しかし、様々なことが要因となって、体内に排せつ物が溜まった状態になることを
「便秘」と言います。

便秘解消の方法は、食生活の見直し、運動不足解消などがありますが、
それでも効果が無い時には、薬物療法を用いる必要があるでしょう。

便秘解消レシピの代表格と言えば、
野菜などの食物繊維の豊富な物をふんだんに使ったレシピです。

便秘の幼児

ただし、生野菜は身体が冷えることや、大量に食べることが難しいので、
サラダにするならば温野菜、又は煮物などが適しているのではないでしょうか。

また、コンニャクを用いたレシピも効果があります。
コンニャクは昔から便秘解消に良いとされた食材です。

カロリーも少ないのでダイエット中の方にも適しています。
その他、寒天を使ったレシピも考えてみましょう。寒天は食物繊維の宝庫です。

これもカロリーの心配がありませんので思う存分食べることが出来ます。
ただし、寒天の分量と水分との比率が大切で、
水分が少ないと便の量が増えるのに水分が足りなくて思うように排便出来ないで
苦しむこともあります。

幼児期の便秘は、毎日の生活習慣が大切

また、幼児期の便秘は、毎日の生活習慣が大切です。
毎朝トイレに座る習慣をつけるだけでも便秘解消につながることがあります。
ご両親や周りの方が、トイレ習慣をつけさせようと、
あまり焦ってしまうと幼児期には良い影響を与えないと言われています。

子供は、とても敏感に周囲の大人の感情を肌で感じ取ることがあります。
緊張感は腸の動きを阻害しますので、
便意があっても思うように排便出ないでいる時間が長くなると、
便が水分を失ってますます苦しい思いをするので悪循環になってしまいます。

ゆったりとした気持ちでトイレ習慣をつけるように心がけてください。
たかが便秘と思われがちな症状ですが、
これは健康な生活を送る上で非常に大切な健康のバロメーターになるものです。
調子が悪い時には早めに手当するように心がけましょう。